PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > 原宿CAMP

原宿CAMP

  • 2017-07-27 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
1F-E ¥486,000 ¥0 43.71m²

DATA

住所 東京都渋谷区神宮前
アクセス 千代田線・副都心線「明治神宮前」駅 徒歩5分
敷金・保証金 10ヶ月
償却 2ヶ月
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料 新賃料の1ヶ月分
契約内容 定期借家契約3年
用途 オフィス、店舗
構造・規模 S造 地上3F建
築年数 2013年6月
設備 スケルトン、残置としてエアコン・照明機器あり
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 ※室内:15.90㎡+テラス:27.81㎡
※清掃費用:10,800円/月額

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 自然を身近に感じながら働く
  • 個性ある働き方にこだわる
  • のんびり働く
  • とことん働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 諏訪部 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
明治通り沿いにあるBEAMSの裏手にあたる通称とんちゃん通り。少しガチャガチャした賑やかなその通りから、さらに脇道を少し入ったところにこの建物はあった。2013年にクリエイター向け複合施設としてオープンしたこの建物。2・3Fはシェアオフィス、1Fはテナント区画やラウンジスペース、貸し会議室なども併設されており、そこで飛び交う会話の多くもクリエイティブな話で、まさにクリエイターには恵まれた環境だ。

そんな建物の顔とも言える、1Fの正面入り口にあるこの区画。3面ガラスで囲われた小さな空間で、水回りや打ち合わせなどは共有部で出来るとしても、その室内はほんの16㎡ほど。詰めて3~4人分ほどのデスクがせいぜい置けるぐらいだろうか。しかし、この区画の面白いところが、室内+屋外テラス付きという点。しかも正面の右半分全てがこの区画だけに許されたエリアで、その大きさは合計28㎡ほど。室内の倍近い大きさとなる。そこには骨組みも建てられ、ビニールカーテンによって開閉も自由なスペースとなっているので、春夏秋冬、晴れだろうが雨だろうが雪だろうが、いつでもこの場所は使えてしまう面白いスペースだ。正直どちらがメインなのかわからない作りだが、元々カフェなどの店舗を想定した区画と考えると、その一風変わった作りも納得だろう。

半屋外のような空間で、ちょっとしたキャンプ感覚で楽しめるオフィスというのも面白い。室内には固定の席と重要な機器を収納し、朝出社とともにラップトップを抱えてテラス席でコーヒー片手にメールをパチパチ。天気が良ければ天井のルーバーで日陰調整をし、ビニールカーテンは開け放って風を通すテラスオフィスなんていうのも気持ちがいい。夜はランタンとビール片手に働いていると、自然と帰り際の多くの仲間が集まってきて、結果酒の場と化すかもしれない。逆に天気の悪い時はガッチリと四方をビニールで囲い、完全武装で雨風をしのぎながら雨音をBGMに働くなんていうのも悪くないだろう。さすがに嵐の日は共有ラウンジを使用してほしいが、こんなワイルドな働き方の提案も、このクリエイターの拠点地、この原宿エリアという個性の集まりのようなエリアの中では、どこか様になってしまうのが面白いところだ。もちろん正当にカフェなどの店舗も良いが、今時の働き方の実験場でもあるこの施設だからこそ、ちょっとした冒険をしてみてはいかがだろうか。

EDITOR'S EYE

上記のように、使い方次第では多くの人数でも利用することもできる区画になるかもしれないので、一度面積を度返しして使い方を色々想像してみてほしい。ちなみにビニールで囲ったバルコニーの姿が、どこか屋台小屋のようにも見える。一掃のこと、この周辺で働くクリエイターたちが夜な夜な集まれるような屋台をオープンしちゃっても面白いのかもしれない。昼はオフィス、夜は屋台。もちろん要相談となるが。