PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > 明暗分かれる?

明暗分かれる?

  • 2017-07-13 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
B1F ご成約済み - 117.1m²

DATA

住所 東京都世田谷区上馬
アクセス 東急田園都市線「駒沢大学」駅 徒歩3分
敷金・保証金 6ヶ月
償却 1ヶ月
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料 新賃料の1.5ヶ月分
契約内容 普通借家契約3年
用途 オフィス,ショップ
構造・規模 RC造地下1F付3F建
築年数 1989年4月
設備 空調、ダクトレール、トイレ、都市ガス、電気 etc
(空調・ダクトレール・トイレは前テナントの残置物となります)
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 ※飲食店不可
(軽飲食はご相談となります)

STYLE

  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 個性ある働き方にこだわる
  • のんびり働く
  • とことん働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 津久井 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
駒沢大学駅から徒歩3分。周辺には大学・病院があり少し歩けば駒沢公園と、まさに住む場所といったイメージだろう。今回の物件は246沿いを世田谷方面に徒歩数分、通勤通学時には多くの人が行き交う通り沿い。あまりオフィス需要の多い立地ではないが、稀に発掘されるポテンシャルを秘めた物件がある。今回の建物もそんな可能性を感じさせる物件だ。

ご紹介する区画は交差点の角に位置した建物半地下の空間。通りから数段下がったエントランスの先の室内には、綺麗に整えられたコンクリート躯体露の空間が現れる。よくあるスケルトン空間の様でもあるが、室内にはトイレ、エアコン、照明取り付け用のダクトレールが残されており、入居にあたっての身軽なスタートの可能性を感じさせてくれるはずだ。
天井の黒いレールは空間全体のアクセントになっており、どこか工業的な空間をさらに男前に引き締めている。荒々しさも感じさせながら、元々の整った雰囲気もあるので、エイジングした金属と古木を使いメンズライクに仕上げるのもよし、淡いフローリングと白い家具で清潔感のある仕上がりにするもよし、単なるオフィスとしてではなく、使用する部材の一つ一つにこだわり抜いた空間にしてみて欲しい。

この空間の1つの特徴でもあるのが、その独特な光の入り方かもしれない。中央にあるショーウィンドウのような窓ともう1カ所の窓はいずれも、区画の中央より奥に位置している為手前部分には窓がなく、全体を見渡した時に明暗がはっきりと浮き出るのだ。そんな特徴を活かして考えれば、「明」の方はスタッフの執務スペースとして明るく爽やかに働き、「暗」の方は簡易的なスタジオや、映像の試写室などで活用してみても良いだろう。シンプルな空間だけにある程度手を加える事は必須だとは思うが、企業にとっての明暗を分ける移転計画だけに、この空間を使いこなす名案をお持ちの方はぜひ。

EDITOR'S EYE

以前はスタジオ兼カフェが入居していた事も有り、酒類の提供のない軽飲食であれば相談も可能。中々にコスパの良い物件だけに思いきったチャレンジも許容されるはず。電車・車のどちらの場合でも利便性も悪くない。エリアの絶対的な縛りがなければ、一度見て頂いても損はないはずだ。