PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > 目黒川工房701

目黒川工房701

  • 2015-03-27 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
701 ご成約済み - 45.01m²

DATA

住所 東京都目黒区上目黒
アクセス 東横線「中目黒」駅 徒歩2分
敷金・保証金 3ヶ月
償却
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料 新賃料の1ヶ月
契約内容 普通賃貸借家2年
用途 オフィス
構造・規模 RC造7F建
築年数 1965年9月
設備 エアコン・トイレ・キッチン
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 駐車場¥30,755 / 月

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 自然を身近に感じながら働く
  • 景色・眺望を愉しみながら働く
  • 個性ある働き方にこだわる
  • のんびり働く
  • とことん働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 諏訪部 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
山手通りに並行して流れる目黒川沿いは、小規模ながら個性的なショップやカフェが軒を連ね、季節ごとに多彩な表情をみせる魅力的なエリアだ。中目黒駅より徒歩2分。川沿いに建つこのレトロなマンションは、この地をよく訪れる人には馴染みのある建物かと思う。そんな建物の最上階にある角部屋は、少々荒っぽいがセルフリノベーションされ、なかなか個性的な空間へと生まれ変わっていた。

緑色のレトロなスチール扉を開けると、無骨に仕上げられたワイルドな空間が現れる。グレーのペンキで整えつつも、味わいのある型枠の表情を残したコンクリートの壁や天井。工場を思わせるような鉄板柄の長尺シートの床や、壁から突き出す大きな換気ダクトのなごり。こちらは自然換気口として残されているようだ。天井も古いマンションには珍しく、約3Mとだいぶ高い。また、角部屋という事もあり、一面は川沿いに開け、もう一面は隣のマンションの屋上越しに遠くの風景を見渡せる。数字上では少々コンパクトに感じるが、これらの要素が空間に広がりを与え、圧迫感もなく気持ちよく働ける部屋だ。日中は日当りも良好で、窓際に植物でも置いたらスクスク育つだろう。バルコニーからは、春には桜色に染まり、冬にはイルミネーションが煌めくロマンチックな目黒川の風景が広がる。そんな特等席が付いてくるのも、この部屋で働く1つの大きな特典だ。

‘’工房’’という言葉にワクワクするのは私だけだろうか。この部屋はまさにその言葉がピッタリな、少し作業臭い空間だ。例えば工房にあるような重厚で大きめな木製テーブルを、中央に配置してみる。さらに椅子はレトロな木製チェアーで揃え、業種によって出てくる特殊な作業ツールなどをディスプレイのように壁に掛ければ、より雰囲気を演出出来るだろう。通常の作業はデスクで行い、ブレストや打ち合わせなど、クリエイティブな作業はこのテーブルで行う。必ずしも快適とはいえないかもしれないが、通常のオフィス環境では創造もしなかったようなアイディアが生まれそうである。

EDITOR'S EYE

オシャレと言うよりかは個性的な、どこか中目黒らしいと言える空間だ。
素材の使い方や壁の表情、2カ所謎に残されたダクトなど、ざっくりとした仕上げで面白い。さらに701という大きく書かれた部屋番号も、マンションのなごりを残した愛らしい装飾の一つだ。空間や眺望など、パフォーマンスの高い物件と感じる。