PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > 切れ味鋭く。

切れ味鋭く。

  • 2019-04-23 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
2F ¥1,565,892 ¥0 177.55m²

DATA

住所 東京都渋谷区神宮前
アクセス 銀座線「外苑前」駅 徒歩7分
千代田線・副都心線「明治神宮前」駅 徒歩10分
敷金・保証金 8ヶ月
償却
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料
契約内容 定期借家契約7年(応相談)
用途 オフィス,ショップ,ショールーム
構造・規模 S造・RC造地下1F地上5F建
築年数 2006年3月
設備 エレベーター,専用階段
※内装はスケルトンとなります。
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 飲食店舗要相談
※業種ご相談(業態によって別途必要となる可能性のある用途変更手続きに関しては、賃借人負担となります。)

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 景色・眺望を愉しみながら働く
  • 個性ある働き方にこだわる
  • とことん働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 津久井 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
>>LOCATION
キラー通りを千駄ヶ谷方面へ進み、丁度まい泉通り入り口を超えた辺りから始まる緩やかな下り坂。道幅も広く視界も開けたこの道路は、急ピッチで工事の進む新国立競技場へとまっすぐ続いており、どこか飛行機の滑走路に似た印象を受ける。今後海外からも多くの人が訪れ、注目を集めるエリアだけに、より高く羽ばたく為の助走をつける場所として考えれば、あながち的外れでもないのかもしれない。周辺一帯は、ワタリウム美術館や著名な「塔の家」も含め、特徴的な建物が多いエリアであるが、今回の建物も、そんな一帯で中々個性的な出で立ちをしたオフィスビル。今回の募集区画は以前までの内装を全て解体し、まっさらなスケルトン状態で、新しいスタートを待っていた。

>>SPACE
建物側面から見ると、エッジを効かせた様な鋭い三角の形状が特徴的なこちらの建物。直接階段を登ってアプローチする2Fが今回の募集区画となる。尖った三角の頂点となる階段の踊り場部分は、通り側と室内側の双方をガラスで囲まれており、キラー通りと室内の中間の様な独特の顔立ちが印象的だ。
室内は現状設備のないフルスケルトン状態で、躯体むき出しの灰色多め。正方形と三角が組み合わさった様な変形のフロアではあるが、柱も少なく極めてシンプル。天井高や大きめの開口部のおかげもあり、比較的スッキリとしたレイアウトが組めるだろう。
二方向に確保された床から天井までの窓からは、柔らかな光も差し込み、視線の抜けこそないが面積以上に広がりを感じさせる空間となる。

>>HOW TO USE
ゼロから設備を設置する費用感の重さは覚悟が必要だが、路面区画よりは控えめな賃料設定と、周辺エリアの今後の盛り上がりを加味すれば、今の内からこの場所に腰を落ち着けておくと言う選択肢も悪くないだろう。外から見ると一見尖った取っつきにくい建物にも思えるが、開放的なエントランスを持ち、その内部には思った以上に懐の深い空間があると考えると、本当はすごく気さくないいやつなのかもしれない。
尖った頂点付近を街との接点となるウィンドウとし、そこを取っ掛かりにして室内へと招き入れると考えれば、店舗やショールーム部分とオフィス空間の併設など、複数の組み合わせが考えられ、工夫し甲斐もあるはずだ。今後の盛り上がりが期待できる街並みとの接点はもちろんのこと、新たなスタートへの良いキッカケとして、この空間の特性を存分に活かし、切れ味鋭く走り出して見てほしい。

EDITOR'S EYE

1F区画も同時に募集中であるが、こちらは路面だけありややお高めな賃料設定。その分抑えられた条件の2Fは、エントランス周りの明るさ、視認性の良さは際立っていることもあり、人を集める場所としても十分可能性があるだろう。
数年後に向けてどんどん期待が高まる場所だけに、もしかしたらこのチャンスはなかなかに貴重なタイミングなのかもしれない。