PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > 湾岸FACTORY

湾岸FACTORY

  • 2018-02-10 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
2F ¥2,994,198 ¥387,181 1578.6m²
5F ¥2,994,198 ¥387,181 1578.6m²
6F ¥2,994,198 ¥387,181 1578.6m²
7F ご成約済み - 1388.17m²

DATA

住所 東京都品川区東品川4
アクセス JRりんかい線「品川シーサイド」駅 徒歩1分
敷金・保証金 3ヶ月
償却
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料 ご相談
契約内容 定期借家契約5年
用途 オフィス、倉庫
構造・規模 SRC造 地下1F地上7F建
築年数 確認中
設備 貨物用エレベーター3基、乗用エレベーター1基、他スケルトン
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 ※現在工事中。入居時期は2018年5月〜予定。
※合計面積には、共有割当面積も含まれています。

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 景色・眺望を愉しみながら働く
  • 個性ある働き方にこだわる
  • のんびり働く
  • とことん働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 諏訪部 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
>>LOCATION
最寄りはりんかい線の「品川シーサイド」駅。そこからほんの1分ほどの場所にこの建物はある。りんかい線と聞くとあまり馴染みのない方も多いかもしれないが、渋谷駅から15分ほどと、実はアクセス面もなかなか良いこの立地。いわゆる海岸エリアと呼ばれるこのエリアは、東京の物流の拠点として多くの物流倉庫や工場が道沿いに立ち並び、近年ではその特殊建築物をコンバーションして新たな存在意義を持たせるなど、これまでも、これからも注目されていくエリアとなるだろう。

>>SPACE
この建物もまた、元は物流倉庫として長く使われてきた建物。今回も1Fは物流倉庫としての利用が決まっているが、その上の上階フロアを今回ご紹介する。写真を見て頂ければ分かる通り、その内部には思わず言葉を失ってしまうような大空間が広がっていた。各フロアは400坪以上あるスケルトン空間で、天井高は5Mほど。規則的に立ち並ぶ太い柱と梁が、この空間により奥行きを与えているのだろうか。元は倉庫スケールで作られたために、日頃の生活では馴染みのないこのスケール感が、非日常的な空間体験へと変えているのかもしれない。この建物はその空間だけではなく、そのロケーションも良い。運河沿いに面して、眼下には首都高とモノレール、視線を上げるとお台場やその先の景色も一望できる。また、ルーフトップに上がるとさらにその景色は抜けており、湾岸方面はもちろん、反対面は遠くのビル群まで突き抜けた風景を日晴らすことができるなど、まるで映画のワンシーンに出てきそうな景色を手に入れられる。

>>HOW TO USE
もう一点この物件のウリを言うなら、倉庫単価というべき坪単価の驚きのコスパだろう。もちろん、実際にこの空間を利用するためには設備投資に多くの資金が必要となるので、かなり覚悟して挑んでほしい面もあるが、その掛けたコスト以上の満足感や、存在性という意味ではこの物件の右に出るものはなかなかないのかもしれない。手は掛かるものの、ポテンシャルしか感じないこの空間。これまで物流倉庫として世界へ良い製品を発信してきたように、次もまた、ここからなにかを発信するような、そんなワールドワイドな思考で挑んでみてはどうだろう。この空間なら、きっと世界を相手にしても引きを取らない存在感を放ちそうだ。

EDITOR'S EYE

最下限での賃料設定のため、交渉なしの一発勝負感のある募集となるのでその面はご理解頂きたい。正直、想像以上に内装にコストは掛かるだろう。もちろんそれもアイディア次第で抑えつつもよりクリエイティブな空間へ仕上げることもできるが、前提として備えてほしい。ちなみに今後隣の建物には某グローバル流通企業のスタジオもオープン予定なので、今後急速にクリエイティブな方々も集まる注目のエリアとなるだろう。