PHOTO VIEW
STATUS VIEW
HOME > Search > シロからの転身

シロからの転身

  • 2017-12-25 UP

ROOM TYPE

部屋 賃料 管理費 面積
1棟 ご相談 ¥0 313.93m²

DATA

住所 東京都渋谷区東3
アクセス JR線「恵比寿」駅 徒歩6分
敷金・保証金 10ヶ月
償却
礼金 1ヶ月
更新料・再契約料 確認中
契約内容 定期借家契約7年
用途 オフィス、店舗
構造・規模 RC造 4F建
築年数 1968年3月
設備 残置として、トイレ、エアコン、リフト、倉庫
保険その他 火災保険加入義務有り
備考 ※入居時期:3Fの一部使用中。退去は2018年2月末となるので、1棟での入居可能時期は3月中旬以降となります。
※飲食相談可

STYLE

  • アーバンライクな働き方を満喫する
  • 空間を満喫した働き方を愉しむ
  • 個性ある働き方にこだわる
  • のんびり働く
  • とことん働く
  • ステータス感を愉しみながら働く

INFORMATION

仲介会社 株式会社CityLights Tokyo
担当者 諏訪部 荒井
所在地 東京都渋谷区神宮前5-29-9#802
免許番号 東京都知事(1)第96691号
取引態様 媒介
>>LOCATION
恵比寿駅を降り、広尾方面へと続く駒沢通りを道なりに進む。明治通りと交わる渋谷橋も越えて、緩やかな上り坂をしばらく進むと、間もなく右手に現れる恵比寿プライムスクエア。オフィス・レジデンス・レストランなどが入る複合型のビルで、恵比寿のランドマーク的な建物の一つだ。そんな目印となる建物の向かいに、この白い建物がる。

>>SPACE
以前は予約も取りづらいほどの人気のレストランが営業していたこの建物。居心地も良く人気のお店だったことや、なにかと頻繁に通る道沿いのため、ご存知の方も多いのではないか。現在はすでに退去済みだが、内装や家具などは今後コツコツと撤去していくようで、「ただいま準備中。」という札がよく似合いそうな状況だ。その内部は4層に分かれており、白く塗装されたセミスケルトンの空間に、色合いの落ち着いた無垢材のフローリングや建具、照明などがバランス良く配置されたリノベ空間。その上下をつないでいる骨董品のようなリフトも、この空間の世界観をより強めているように感じた。4Fのさらに上。本来は屋上であったであろう場所は、屋根裏のような広い倉庫になっている。この収納力があれば、普段使わないものは全てここにしまって、常に空間をスッキリと見せることができそうだ。現況はまだ荷物で溢れているものの、これが全て無くなったシーンをイメージすると、誰にも見つからないうちに物件を抑えてしまいたい衝動にかられてしまう。

>>HOW TO USE
直近では人気のレストラン、その前はアンティーク家具屋など、これまでの使われ方も含めていい歳の取り方をしてきたこの建物。そんな建物も来年で満50歳という節目。ちょうどそのタイミングで新しいスタートを切るこの白い建物が、これをベースに今後どの様なカラーを纏って転進していくかが楽しみだ。どちらにせよ、これまでの入居者に敬意を払い、今後なにかしらの形でそのストーリーを引き継ぎつつも、これまでよりもさらに人々に知られる存在となるような、そんな使われ方になるよう期待したい。

EDITOR'S EYE

現在は荷物が多く残されていて本来の姿が見えないが、それでも全体的にワクワクさせてくれる空間だった。一見内装に手がかかりそうに思えるが、必要な設備や空間もニュートラルに整えられているので、荷物をどかせば、ほぼほぼこのまま使えるだろう。50歳のいい感じに傷んだ躯体と、レトロなリフトや建具などがよりここにしかない世界観を作り出している。個人的には今年最後の最大のヒット物件だ。